BooK学科ヨコハマ講座2限目 アーカイブ





ツブヤ大学BooK学科ヨコハマ講座2限目 実施概要
日時:2011年11月24日(木) 20時開始 21時45分

タイトル:「よこはま 本への旅」

テーマ:本のからだ 本のかお

ゲスト:矢萩多聞(画家・装丁家)
モデレーター:三浦衛(春風社 代表)

会場:さくらworks<関内>(横浜市中区相生町3)
http://yokohamalab.jp/sakuraworks


<ゲスト プロフィール>

矢萩多聞(やはぎ・たもん)


1980年、横浜に生まれる。
1990年、9歳のとき、はじめてネパールを訪れてから、毎年インド・ネパールを旅する。
中学1年生で学校に行くのを辞め、ペンによる細密画を描きはじめる。
95年から、南インドと日本を半年ごとに往復し、
日本帰国時に、銀座、横浜などで個展を開催する。
2000年、日印ポータルサイト「Indo.to」をオープン。
運営・編集・デザインをてがけ、日印交流イベントを多く企画する。
2002年、対談本『イン ド・まるごと多聞典』(春風社)を刊行。
同年秋、SII社のデザインウォッチ「SPICE」シリーズに絵とフォントを提供。
このころから、本の装丁の仕事をはじめる。

2007年、デザイン事務所「Am Creation」を旗揚げ。
2008年、バンガロールのアトリエをキープしながら、事務所兼自宅を横浜・妙蓮寺に移転。
装丁、ペン画のほか、エディトリアル、フライヤー、
名刺のデザイン、イベント企画など多岐に渡って活動をくり広げている。